SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW 五感をめざます ワイン×料理の世界 [前編] 廣中祐二 | Uluru店主 2018.08.11

デイト ワークショップスタジオで「五感=ワイン×料理」を担当する廣中祐二さん。ワインと食、それらをとりまくカルチャーやライフスタイルへの想いを伺いました。

どんどんのめりこむ料理とワインの世界

中2の時に同い年の少年が単身オーストリアにお菓子の修行に行くドキュメンタリー番組を見て「これだ!これしかない。」と直感したその日から夢はパティシエ。反対する親をなんとか説得して、大阪の調理専門学校に入学したのですが、最初からつまずいてしまって(苦笑)なぜか自分のケーキだけがふくらまないんです。原因は材料の計量ミス。お菓子はきっちり教科書どおりに計量してつくるのが基本。直感やインスピレーションを大切にする私には料理の方が向いているんじゃないか…先生からのそんな助言もあって、洋食のコースに変更。そこで料理にハマったんです。そして、同じ頃ワインにもハマりだします。きっかけは百貨店のワイン売り場でのアルバイト。自分で選んだワインをお客様に提供するのが楽しくて、ワインの世界にもどんどんのめり込んでいきました。

調理という仕事に必要な覚悟

卒業してからはじめての職場は大阪のフレンチレストラン。厳しい職場で、失敗すると手や足が出てくるのは当たり前。でもそれも私にとっては良い経験でした。なぜならその厳しさには理由があるから。先輩から言われた忘れられない言葉があります。「おれたちはお客さんの命を預かっている。そこに責任がある。」食べ物は扱いを間違えれば、食中毒で最悪、人を殺すことだってある。そこに対する責任と覚悟をもって調理と向きあわなければならないということをたたき込んでもらいました。その覚悟を学んだからこそ、私の今があります。

知らない世界に自ら飛び込む

その後は地元広島のイタリアンレストランへ。将来お店をもつ時のために、サービスの勉強をしたかったので、その店ではサービスを担当しました。その後、半年間のヨーロッパ放浪、帰国後、飲食サービスの仕事を経たのち、ホテルの飲食ビジネスに興味があったのでホテルへ。それまで働いてきた街のレストランとは何が違うのか、大きな組織で働くってどういうことなのかを知りたいと思ったんです。働いてみたらやっぱり違いました。同じ飲食業だけれどより組織人としてのふるまいを求められる感じ。最初はその感覚がわからず戸惑ったけれど、その文化を理解し、そこに合わせる努力をしつづけました。結果的に職場の同僚たちとはすごく仲良くなって、彼らは今でも私のお店にきてくれます。

時間がかかっても納得がいくまで

私は「遠まわり人間」なんだと思います。急いで近道をいくと失敗するタイプ。だから、時間がかかっても納得のいくまで準備をしたいんです。調理もサービスも街のレストランもホテルのレストランも全部経験して。ワインに対しても同じです。ソムリエ試験を受けようと思ったとき、ワインの生産現場を知らない私が仮に合格しても、お客様の前でワインについて満足のいくように語れないと思って、奥出雲のワイナリーへ住み込みで働きにいきました。さらにその後ワインの専門店で働きながらワインを学んだうえでソムリエ試験に初挑戦。この時、一発合格しなければワインの道を諦めてもいいとすら思っていました。自分をひたすら追い込み、合格してやっとワインの道を歩む覚悟ができました。

 

 

Profile
廣中祐二 | Uluru店主

ワインバー「Uluru」店主。生産者に寄り添いながら、野菜やフルーツをふんだんに使ったオリジナルメニューや、季節ごとの気分や料理に合う国内外の良質なワインを提供している。

Instagram:@wine_uluru
「五感=ワイン×料理」教室はこちら

latest posts

TOPへ