SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW “うつわ”がつなぐ気づきの世界[前編] 藤川 稔 | 陶芸家 2018.04.24

デイトで陶芸のワークショップを担当している藤川稔さん。多彩でユニークな自身の創作活動と、ワークショップにかける想いを伺いました。

言葉を重ねるように土を積む

若い頃から360度どこからみても表現できるものに魅力を感じていました。中でも、彫刻のように削って形をつくるのではなく、「足す」造形に心ひかれ、陶芸の道へ。言葉を重ねるように、土を積み重ねていく行為に魅力を感じています。ずっと手がけているのは生命体をモチーフとした立体表現のシリーズです。実物は高さ70㎝ほどあり、実際に見てみるとかなり存在感があります。紙面に描き起こしたイメージを設計図代わりに、下から土を積み上げていきます。表面の細かい繊毛はパーツを1本1本乗せていくことで表現しています。乾くと土どうしがくっつかなくなるので、作品にラップを巻いて乾燥を防ぎながら、少しずつ積み上げていきます。非常に根気の要る作業で、毎回、神経をすり減らしながらつくっています(笑)

叢との縁で誕生した「陶サボテン」

生命体シリーズとは別に通称「陶サボテン」も2016年頃から手がけています。同じ生命体でも、全く作風が違うでしょ(笑)あちらはフィクション、こちらは実在する生命体であるサボテンをモチーフにしています。この「陶サボテン」は「叢(くさむら)- Qusamura」*の小田さんとの縁で誕生しました。小田さんとは彼が叢を始める前にやっていた花屋の一角で私が陶芸教室をしていた時からの長い付き合いなんです。陶芸教室の他にも、叢のサボテンを受けるうつわを私がつくるという縁もあり、そこからある日、小田さんに「植物そのものを陶でつくれないか」と相談されたんです。

※「叢- Qusamura」は植物とその植物の魅力を引き出すうつわをセットで提案する植物屋。「ユナイテッドアローズ」「ビームスジャパンギャラリー」「パルコミュージアム」等での展示会やインテリア誌などで多数掲載されるなど幅広い活動を行う。

色の再現に2年を費やす

それからは試行錯誤の連続でした。生命体シリーズで植物の質感を再現する技術は身についていたのでそれほど難しくはないだろうと思っていたのですが、色の再現で壁にぶつかりました。モチーフとなる実物のサボテンの色と陶のサボテンの色を比べながらさまざまなパターンで最適な色を探す日々。特に焼きあがりの色を合わせるのには苦労して、満足のいくものが出来上がるまでに2年の歳月を費やしました。壁掛けのオブジェは叢の展示会で、実物のサボテンたちと並んでお披露目されました。特に、写真でみると本物のサボテンとの区別がつかないと思います。その後、壁掛けの「陶サボテン」はインテリアショップのCIBONE等で販売されるようになりました。最近はぐいのみ型の「陶サボテン」もつくっています。うつわとしても使えるし、使わないときは伏せておくと、サボテンが地面からニョキっと顔を出しているみたいに見えるんですよ。

オブジェから使えるうつわまで

こういった自作の活動に並行して、大学や専門学校、デイトを含む陶芸教室で、長年講師をしています。わたしの生徒さんたちは技術も、陶芸への関心の度合いも作りたいものもさまざま。わたしは基本的に「これをつくれ」とは言いません。本人がつくりたいものを自由な発想でつくって欲しいんです。やはり「使いたい」から「作りたい」ひとが多いけれど、「使えない」もの、飾るだけのもの、意味のないものでもなんでもいい。私がすることは、つくりたいもののアイデアを聞いて、それがつくれるようにアドバイスやヒントを出すことです。もちろん必要に応じて手直しもしますが、あくまで生徒さん自身がつくりたいものを仕上げるためのサポートという感覚です。逆に、ルールで縛られるのが苦手なタイプの方は、思いきりのびのびと制作できる教室だと思いますよ。

 

 

Profile
藤川 稔 | 陶芸家

1975年生まれ。2001年大阪芸術大学付属大阪美術専門学校卒。2003年より広島市安佐北区可部に窯を構える。大きな立体作品から小さな作品まで幅広く制作。「長三賞常滑陶芸展」「現在形の陶芸 萩大賞展」「京展」をはじめとするグループ展や個展各地多数。
Instagram:https://www.instagram.com/minorufujika/

latest posts

TOPへ