SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW 体に優しいごはんを楽しく、美味しく [前編] 向田有伽 | 「月待ち」店主 2018.03.30

デイトでオーガニック料理のワークショップを担当している向田有伽さん。マクロビオティックの考え方をベースに、美味しくて、楽しくて、体も優しい料理やお菓子を日々、手作りしています。そんな彼女に、食べること、体のこと、大切にしていることなどを伺いました。

大学院卒業後、カフェ「月待ち」をオープン

子どもの頃からずっとなりたかったのは小学校の先生。なので、大学は教育学部に入って、大学院にも行きました。でも、学校という組織に入って働くことにあまりイメージが沸かなかった。私はもともと、みんなと合わせるっていうのがあまりないんですよね。空気を読まないというか(笑)それよりも自分の力で何かを始めるほうが性に合っている気がして、自分でお店を始めることに。カフェにしたのは、昔から喫茶店に憧れがあったからかもしれません。子どもの頃、父の会社の近くの喫茶店でよく父を待っていたんです。今思い返すと、そこで見ていた喫茶店の風景が原点なのかも。大好きな恩田陸さんの小説の中にも、主人公の高校生がおしゃべりや勉強をする場所として喫茶店がよく出てきて、「いいなあ、私も高校生になったら喫茶店で勉強するぞ」って思っていました(笑)

ふらっと寄れる塾のような場所を作りたい

そんなこんなで結局、先生にはならなかったけれど、今でも子どもと関わりたいという想いはずっとあるんです。たとえば、不登校の子が「今日は本を読んでみようかな」という時にふらっとやって来られるような、近所の中高生がテスト前に「ちょっとこれ教えて」って教科書をもってくるような、そんな場所をゆくゆくは作ってみたい。『ポーラを探して』という児童文学の作品があるんですけれど、お話の中に自由塾という塾が出てくるんです。自由な時間に来て、自由に勉強して、おやつタイムには全粒粉のクッキーが出てくる。私がつくりたいのはそんな場所です。そのために今は「月待ち」という場所をまずはしっかり続けていくことが大事だと思っています。

アレルギー、アトピー、喘息に悩んできた

マクロビオティックに興味を持ったのは、私がもともと健康オタクだったから。子どもの頃からアレルギー、アトピー、喘息に悩まされてきたので、体にいいことに詳しくなりたい、良いものは取り入れたいという気持ちがずっとあります。中でもとくに食に関心があったのは、母が栄養士だった影響もあるかもしれません。母は昔から、食事に気を配ってくれていました。また、実家には料理やお菓子の本がたくさんあったので、それを眺めては「これ食べたい」「これ作りたい」とねだって、それを母が作ってくれたり、母が休みの日には一緒に作ったりすることも。思い出の料理はエビピラフにホワイトソースがかかったものです。珍しいでしょ?我が家の定番で、私の好物です。

 

Profile
向田有伽 | 「月待ち」店主
デイト 講師 [オーガニック料理]

マクロビオティックの考え方を基本とし、たまごや乳製品などの動物性食材や添加物を使わないケーキや焼き菓子が人気のカフェ「月待ち」の店主。「気どらず、楽しく、おいしく。」そんな気持ちをこめた、「90%オーガニック」の店で日々、手しごとと向き合う。
Blog:http://blog.livedoor.jp/tsukimati/

latest posts

TOPへ