SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW

四季の花に心寄せ 暮らしに豊かさを [前編]

2018.07.19 平本拓也 | 花のひと

BRANDS CATEGORY : /

デイトワークショップスタジオで花いけの講師をされている平本拓也さん。花を愛し、寄り添い続けてきた平本さんの哲学と想いをお届けします。

日本の自然、こころの風景

特別な想いもなく飛び込んだ花の世界。毎日生花店で仕事をしていくうちに、花の魅力に引きこまれるようになりました。20代前半からの10年間は店で学んだ実力を試したい気持ちで、フラワー協議の全国大会に力を注ぎました。大会は結果がすべてのシビアな世界。上位入賞を目指して試行錯誤し必死に取り組みました。ですが、ふと立ち止まって自分の本当に好きな花って何だろう?と考えたとき、それは大会で競う花とは別の「花」なのではないかと思ったんです。その「花」を求めて、独立。以来、「花のひと」という肩書で活動しています。今扱っている花は日本の野山に自生している草花や山野草です。懇意にさせていただいている生産者の方の山に入らせていただき、季節ごとに採取しています。私は理屈抜きで、日本人が当たり前に身近に触れてきた自然に心惹かれるんです。

花に寄り添う豊かさを知る

ワークショップではまず、そんな季節の草花を見て、触れて、感じて欲しいと思っています。その日の草花を見て、みなさん「このお花はなんですか?」と驚かれることが多いのですが、実はそういう草花も近くの山に自生しているものだったりするんです。そんなことに気づくだけで、日常の身近な自然に関心が向けられるように。近所の道端に咲いている花でもいいんです。心を花に向けて、そしてじっくり見てみてください。そして理想を言うなら、その花について何か想いを巡らせる時間を少し持って欲しい。私のワークショップが花に寄り添う生活の豊かさに気づくきっかけになればと思っています。

花をいけ、心を整える

「いける」という行為には必ず人間の作為が入ります。ですが私は花を自分の思い通りの形に作り込むことはしたくありません。私の花いけは自分の思い描いた形に近づけようとするものではなく、「花と花」それぞれの調和を考えます。花をいけている時、花が自分の思い通りにならないと「この位置に花が咲いていたらいいのに」とか「ここがこう曲がっていたらいいのに」なんて、つい思ってしまいます。まずそのような心の状態に自ら気づくことが大切です。そして、心の中にある「思い通りにしたい」というエゴを手放し、心を整えることが、花を美しくいけるコツだと思うんです。

 

 

Profile
平本拓也

花のひと。1981年広島県呉市生まれ。生まれ育った広島県を活動の拠点とし、草・木・花の自然の姿、四季の美しさに触れ表現の原点を見つめる。自身の考える植物と人とを繋ぐ時間「ひととき」を創作している。
http://hiramoto-takuya.jp/

Instagram:@hiramoto.takuya
「花いけ」教室はこちら

Date's POSTS

LEATEST POSTS

TOPへ