SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW

時間と手間をかけて直せば
愛着たっぷりの器が暮らしに[後編]

2018.08.24 竹原幸枝 | 漆・造形作家

BRANDS CATEGORY : /

全5回で本格的な金継ぎを

このような漆のマルチな特徴を集結した総力戦ともいえるのが金継ぎです。最近は金継ぎが一般的に知られるようになってきたこともあり、樹脂を使った金継ぎの簡易キットで金継ぎをされるかたもいらっしゃいますが、わたしのワークショップでは本格的に漆を使った金継ぎを教えます。漆でやると時間がかかります。デイトのワークショップでは全5回をかけて完成させます。金継ぎはまず欠けた器を麦漆(むぎうるし)という強力な接着剤で結合するところから始めます。これを1週間以上乾かしてから、錆漆(さびうるし)で下地をつくります。これは欠損箇所を埋める作業です。最終的には元の器の形となるように研いでいくので、この時点では「盛って」埋めます。続いて下地の上に黒の漆を塗り重ねていき、最後に上から金や銀を重ねます。これは蒔絵(まきえ)という技法の一種で、色を入れたい部分に薄く漆を塗って、それが乾かないうちに上から細かい金や銀の粉をかけると漆の塗ってあった部分だけに色が残る、という寸法です。これを乾かして完成です。基本的な流れはこのような感じですが、陶器の破損状態によってそれぞれスケジュールを組み、ひとりひとりに合ったペースで進めていきます。

手間と時間は「愛着」に変わる

金継ぎには時間と手間をかけるという良さがあります。手間をかけたぶんだけ愛着がわきます。その器をすごく大切にしたくなります。ワークショップ参加者の中には息子さんが修学旅行でつくった器を金継ぎされたかたもいらっしゃいました。自分にとって大切な器を自分の手で手間ひまかけて直す。唯一無二の器、過ごした時間、そんな豊かさをぜひ金継ぎを通して知っていただきたいです。また、気持ちの面だけではなく、実際に丁寧に時間をかけてやったぶんだけの結果が最終的な仕上がりに出ます。とくに差が出るのが「研ぎ」。どこまでの細かさで研ぐのがいいのか、どれくらいの力をかけて、いつまでやればいいのか。研ぐ感覚はひとそれぞれ。そのベストな感覚をつかめるよう、アドバイスしていきます。この感覚をつかむためには実践が大事。仕上がりの決め手になる部分であると同時に、とくに独学では習得が難しいところなので、ワークショップでしっかり自分のものにしてください。

自分で直して使い続ける豊かさを

お気に入りのものを長く使っていくコツは、気に入ったものしか買わないことです。適当に買うくらいなら無くてもいい。そんな風に考えると、持ちものは好きなものだけになるので、その全部をずっと大切にできます。モノが少なくて済むのもいいですよね。モノが多いとがんばらなきゃいけない。捨てることもストレスになる。本当に好きなものだけを持つことが、より気持ちよく暮らすヒントになるのではないでしょうか。でもどんなに大切なものでも壊れてしまうことはある。そんなとき金継ぎができたら自分で直せます。自分で直せるから割れるのが怖くて器を使えないというストレスからも解放されます。割れたらやっぱり悲しい気持ちになるけれど、金継ぎができればそこから「これを金継ぎでどういうデザインにしようかな」と次のステップを考えられる。壊れたものを直すことは失うことから創造すること。「自分で直す」を気負わず自然と実践できる、そんな暮らしの豊かさを金継ぎという手仕事を通して発見してもらえたらと思っています。

 

 

 

Profile
竹原幸枝 | 漆・造形作家

日々のくらしを豊かにする、こころによりそったモノをお届けしたい。そんな想いを大切にしながら「serafeee」として漆や立体作品を制作。ずっと大切に使っていきたい器などを「自分の手」で直したい、そんな気持ちを大切に、ひとりひとりにあったペースで進め、新たな作品として生まれ変わるお手伝いをしていきます。
http://serafeee.blogspot.com/
Instagram:@serasera04

 

金継ぎ「tsutsu」
https://tsutsu.shopinfo.jp
Instagram:@tsutsukintsugi
「金継ぎ」教室はこちら

Date's POSTS

LEATEST POSTS

TOPへ