SANPO CREATE

Date INSTRUCTOR INTERVIEW

創造力・観察力・思考力 子どもたちの生きる力を育むアート[前編]

2018.10.11 梶木淳子 | アーティスト

BRANDS CATEGORY : /

デイト ワークショップで「こどもデイト」を担当する梶木 淳子さん。子どもたちがアートを通じて創造力と感性をはぐくむための壮大なしかけ=ワークショップデザインについてその熱い想いとともに伺いました。

表現とはなにか―美大で学んだこと

高校生のときに将来の夢として思い描いていたのは保育士でした。小さい子の面倒をみるのが好きだったんです。小学6年生の時、ひとりで泣いていた1年生を見つけて声をかけたら気持ちを取り戻してくれて、そのあと仲良くなって一緒に通学するようになったんです。それで、自分は小さい子と気持ちを通わせるのが得意なのかもしれないと思ったんですよね。でも、ピアノが不得意だったので(苦笑)、保育士は難しいかなと考え直して、美術系の大学へ進学。イラストを描いたり、POPをつくることが好きだったので、ビジュアルデザインを学ぼうと思っていました。でも、私が2年次に選んだ専攻は「現代表現領域」。ビジュアルデザインや工芸系などの他専攻はその分野の技法における表現方法を主に極めていく分野なのに対して、「現代表現領域」ではまずコンセプトを決め、そのために必要な手法を選ぶという考え方。当時は現代アートに強い関心があったわけではなかったけれど、「表現とはなにか」というアートの根本から考えることに面白さを感じたんです。

ゴミでいきものをつくる!?ワークショップ

学生時代の活動で印象深いのは広島市の吉島地区で街ぐるみで開催された「広島アートプロジェクト」。作家としてだけではなく、プロジェクトの運営スタッフとしても深く関わりました。そこで企画した子ども向けワークショップは今の活動につながる原点。吉島にあるゴミ処理場からイメージを膨らませ、プラスチックゴミをつかって1000年後も生きているいきものを自由につくってみようという、土に埋めると分解されず残りつづけるというプラスチックゴミのネガティブな面を動物の命に見立てたワークショップを企画しました。このワークショップがきっかけで他の団体からもワークショップのオファーをいただくことに。自分の実現したい方向性がわかってきたのもこの頃。昔から抱いていた保育士へのあこがれにも重なった気がしました。

複合的な学びにつながるしかけ絵本

大学4年生の時に、もうひとつ転機になったワークショップがあります。広島県内の小学生から「夢」を募集し、その中から選ばれた夢の実現に向けて、子どもたちと地域の人たちが支援する「夢配達人プロジェクト」。このプロジェクトへの応募の中から選ばれた小学3年生の「しかけ絵本をつくりたい」という夢を叶えるための、技術的なサポートを依頼されました。でも、ただ「しかけ絵本」の作りかたを教えるだけではなんだか違うなと思ったんです。そこで、小学3年生の取り組みとして社会見学があるなど、少しずつ社会に関わるようになる学年であることに着目し、しかけ絵本づくりを通して、社会との関わりを学べるようにと企画を練っていきました。小学校にも全面協力していただき、応募者の子だけでなく、学年全体で授業の一環としてしかけ絵本をつくることに。ストーリーは地元のみかん農園へ見学に行った時に学んだことなどからみんなで発想してもらい、それをまとめたものを文化祭で演劇風に発表。その舞台美術として巨大なしかけ絵本を制作したのです。たくさんの方の協力のもと、大成功したこのワークショップの経験は「ワークショップデザイン」という分野へ足を踏み出す大きなきっかけをくれました。

 

 

 

Profile
梶木淳子 | アーティスト

1988年広島生まれ。2011年広島市立大学 芸術学部 現代表現領域卒業。2013年広島市立大学大学院 芸術学研究科 博士前期課程修了。「アトリエぱお」造形教育研究所 こどもクラス非常勤講師。身の回りの様々なものごとに対して好奇心を抱き、新しいことを考え出す能力である「ファンタジア」※をのびのびと発揮しながら、豊かな創造力を磨いていけるようなワークショップを発案する。デイトでは生活空間に彩りを与える作品づくりをしていきたい。また、水滴がついているような iPhoneケース 《 Suteki Suiteki 》や、化粧品で描かれた花の絵《 make up 》のオリジナルテキスタイルでポーチなどを制作している。
※ブルーノ・ムナーリが好んで使った「自由な発想の能力」を指す言葉。
http://junko-kajiki.com/cv/
Instagram:@junk097
「こどもデイト」教室はこちら

 

PLACE
アートギャラリー ミヤウチ

広島県廿日市市宮内字高通4347番地2
TEL:0829-30-8511
http://miyauchiaf.or.jp/agm/
Instagram:@artgallerymiyauchi

Date's POSTS

LEATEST POSTS

TOPへ