SANPO CREATE

スタッフが体験!デイトのマグマヨガレポート[vol.3]

2019.02.19

BRANDS CATEGORY : /

TAG : / /

 

【文:黒木瑛美 /㈱サンポークリエイトWEB事業部】

 

私の生活の一部になりつつある、デイトのマグマヨガ。

レッスンをする度に、私の身体と向き合うことができています。

 

1228日 1030~11:30 インストラクター:みち先生 生徒:8名】

デトックスワーク:しっかり汗を流し、体の不要なものを出すためのワーク。溜め込んでしまった余分な水分や脂肪分、ストレスなどをすっきりとさせましょう。

 

hassan 発散(Low)

積極的に動きたい方にお勧めのクラス。ダイナミックな動きと静かな休息で、心身をすっきりさせましょう

 

朝のヨガ体験は初めてでした。hassanは体を大きく動かしてキープするポーズをとりながら、テンポのよい動きの内容で、この日はとても寒くて体の芯から冷えていましたが、スタジオでしっかり体を温めることができました。
先生から、今日のレッスンで意識することは“締める”と言われ、それからは必死に、足を中心に“締める”ことを意識してポーズをとりました。半月のポーズは、無理が出ないように枕を使いながら挑戦しました。
hassanはポーズの種類も今までの中で一番多く、なおかつ体を大きく動かす多かったため、しっかり汗を流せました。

 

 

それからまた一週間後

【1月6日 1330~14:30 インストラクター:リョウコ先生 生徒:10名】

 

ハートワーク

心と体を整えていくワーク。五感を使ってゆっくりと自分の内側を観察。呼吸とともに自分自身と対話する、穏やかで贅沢な時間です。

 

Kuu(空)

呼吸法や瞑想で自分自身を客観的に観ながら、気持ちの良い生き方を探していきます。

 

Kuu(空)は月に一度しかないちょっと特別なクラスでした。他のクラスとの大きな違いは[自分の動きたいように動く]ということ。決まったポーズをするわけでもなく、目を閉じたければ閉じる、寝転んでいたい人は寝転んで、激しく動きたければ『教室内を走ってもいいよ』と先生が言うような、そんなクラスは運動量を表す★が一つなのでゆったりしているかと思っていましたが、その人次第で★★★にもなるクラスだと思いました。
今回Kuuを体験して思ったのは、自由に動くというのが意外と難しいということ。最初は周りの人の動きが気になってしまい[みんなどう動くんだろう][次どうしよう]とそわそわ。途中の『目を瞑ってもいいよ』との先生の一言で気分は一転、他のものが目に移らないと他人と比べるという概念がなくなり、みられる意識もなくなって、気分が楽になりました。

 

Kuuの説明にもあるように、個人それぞれの動きをしながらも呼吸に意識を向けることが大切でした。先生には何度も[鼻からの呼吸を感じて][空気がどこを通っているかを感じて]と言われ、自分のペースで呼吸を感じることが出来ていました。
最後に今日の振り返りを生徒みんなで出し合いました。ヨガ前とヨガ後の体の変化やKuu(空)のクラスはどうだったかなど様々。みんな笑顔で、体はもちろん気持ちもほぐれたようでした。

 

 

 

【1月16日 1330~14:30 インストラクター:えみ先生 生徒:5名】

 

リラックス&リストラティブワーク

緊張を解き、力を手放すことで心身をリラックスさせるワーク。気持ちよく体を動かしながら、自分と対話することで心身の調和と回復を図ります。

 

tebanasu(手放す)

軽い動きのあるワークで、初心者にも最適です。吐く息とともに余分なもの(力、感情、思考)を手放す爽快感を味わってください。

 

軽いマッサージから始まった手放す。足を揉みほぐしたり、身体をねじったり、他の授業でもやったポーズもあり、動きはそんなに激しくなく、前回より上手く出来るのかなと、自分なりに楽しむ余裕が少し出てきました。
体調の劇的な変化はないですが、腰の調子は相変わらず良くて、仰向けになって寝たときに腰が痛くなる症状もないので嬉しいです。何より教室に行ってヨガをしていると、日頃動かしていない身体が喜んでいる感じがして気分も上がります。ぐーっと身体を伸ばすと気持ちがいいし、しっかり動いた後にクールダウンしていく、最後の20分くらいのゆったりとしたヨガの時間がたまらなく好きになりました。身体が伸びた余韻を感じて、今日もヨガできて良かったなぁと感じています。

 

 

デイトマグマヨガについてはこちら

VOL.2の記事はこちら

 

 

 

Date's POSTS

LEATEST POSTS

JOURNALカテゴリ一覧

TOPへ