SANPO CREATE

スタッフが体験!デイトのマグマヨガレポート[vol.2]

2019.01.17

BRANDS CATEGORY : /

TAG : /

 

【文:黒木瑛美 /㈱サンポークリエイトWEB事業部】

 

12月11日人生初のマグマヨガを体験した黒木です!あれからまた2回ほどマグマヨガを体験してきました。

【12月15日 16:00~17:00 インストラクター:なみ先生 生徒:10名】

《ウーマンズヘルスワーク》meguru(巡)★☆☆

マグマスタジオの効果を最大限に活用した、女性特有の不調な改善を目指したワーク。骨盤周りを意識し、強くてしなやかな心と体づくりを図ります。

meguru(巡)

体幹を意識しながら、ゆったりと骨盤やお腹周り、骨盤の内側にフォーカスします。女性特有の不調の改善を目指します。

 

 

今回は、スタジオに入った瞬間は前回より暑く感じましたが、サウナのような暑さではないので不快に感じることはありませんでした。先生も含め、ノースリーブにレギンスといった服装のかたが多いですが、私のようにTシャツにスウェットパンツでも大丈夫です!でも、いつかは私も先生みたいなノースリ&レギンスでヨガに挑戦したいと思っています。

 

 

なみ先生は、優しい笑顔が素敵なかたで安心感もあり、説明が頭にすっと入ってきました。生徒さんみんなに、ポーズや呼吸法の経験があるかを確認し、完全呼吸法の説明の時には「わたしも得意ではなかった~(笑)」と言っていて、先生も苦手はあったんだなぁと、私もうまくできなくても、徐々に出来るようになれば大丈夫って気持ちになれました。

前回のまき先生もそうでしたが、なみ先生も《無理をしない》《自分の気持ちいいところまで》をしっかり伝えてくれて、慣れない私も無理なくレッスンを進めることができました。「足が伸びることより骨盤が地についている方が大切」など、体の何処に重点をおいてポーズをとるのかを分かりやすく伝えてもらえたので、無理なく出来る範囲で取り組めて、うまくできていなかったときは、そっと体に触れながら体の正しい位置や意識するところに導いてくれました。

 

 

今回、私は常に体の中心を意識することが出来たと思います。全体的にゆったりとした動きだったのですが、呼吸を意識しながら自分なりに大きく丁寧に動くことが出来たので、胸の間からお腹に流れてくるのが分かる程の汗が出ていました。更に、レッスン後も体全体に温もりが続いていて、前回にも増して遠赤効果を実感しました。

 

3回目のレッスンは、それから10日後。

 

【12月21日 13:30~14:30 インストラクター:ミホ先生 生徒:3名】

meguru(Low)★★☆

今回のマグマヨガLowは、室温30℃前後、湿度35%~50%前後、床温度30℃~34℃と、マグマヨガと比べると穏やかな温かさで、動きやすく内面にも集中しやすいワークです。スタジオに入った瞬間は、ふんわり温かく心地よい空気を感じました。

 

レッスンが始まるまで、ミホ先生と世間話で盛り上がりました。ミホ先生はヨガの他に卓球の講師もされているようで、なんと以前は実業団で活躍されていたそうです!ヨガを始めたのは4年前、独学で学んだ後、もっと深く学びたいとトレーニングを受けられ、ヨガインストラクターになりました。そんなミホ先生は、はっきりと聞き取りやすい解説で、丁寧にポーズを指導してくださいます。そして、マグマヨガLowはマグマヨガよりポーズをしっかりキープすることが多くて、体幹にしっかりじわじわと効いてきます。最初は、少し暖かい中で動いてる感じでしたが、いつの間にか呼吸をするたびに汗が出てくるようになってました。

前回と同じ《meguru(巡)》でしたが、前回とは違うLowという環境や、先生の個性によって内容が少し違っていたので、[次回の先生はどんな感じだろう]と、楽しみの一つにもなってきました。

 

 

3回のヨガを経て、少し[自分の体に意識を向ける]ことができるようになったと思います。指先を動かす、足首を動かす、一点を見つめる、自分の呼吸をきいてみる、今までの生活では意識していなかったことを意識する時間になっています。毎年冬になると冷えから腰が痛くなるんですが、今年は痛くなっておらず!もしかしてヨガのおかげ?と思ったり(笑)

ヨガをする時[よし、ヨガ頑張らなきゃ]と奮い立たせて挑んでいたはずが今は[行こ〜っと]と身軽に取り組めている自分がいます。ヨガが私の日常になりつつあるなぁと実感しています。

 

 

デイトマグマヨガについてはこちら

VOL1の記事はこちら

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Line
  • Pinterest

Date's POSTS

LEATEST POSTS

JOURNALカテゴリ一覧

TOPへ